メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

泥酔、立行司の式守伊之助が若手行司にセクハラ

行司の式守伊之助=宮間俊樹撮影

 日本相撲協会は5日、立行司(たてぎょうじ)の第40代式守伊之助(58)=本名・野内五雄、宮城野部屋=が昨年12月の冬巡業中に酒に酔って、10代の若手行司にセクハラ行為をしたと発表した。協会は近く臨時理事会を開き、懲戒処分を検討する。

 協会によると、伊之助は、沖縄県宜野湾市で巡業があった12月16日の夜、宿泊先のホテルで食事中に泥酔。部屋に送って行った…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです