メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

泥酔、立行司の式守伊之助が若手行司にセクハラ

行司の式守伊之助=宮間俊樹撮影

 日本相撲協会は5日、立行司(たてぎょうじ)の第40代式守伊之助(58)=本名・野内五雄、宮城野部屋=が昨年12月の冬巡業中に酒に酔って、10代の若手行司にセクハラ行為をしたと発表した。協会は近く臨時理事会を開き、懲戒処分を検討する。

 協会によると、伊之助は、沖縄県宜野湾市で巡業があった12月16日の夜、宿泊先のホテルで食事中に泥酔。部屋に送って行った若手行司に数回キスし、胸を1度触った。

 協会は幕内行司からの報告を5日に受け、危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)が事情を聴いた。伊之助は「泥酔していたので覚えていない。なぜこのような行為をしたか分からない」と述べたが、自らの行為は否定せず、若手行司の求めに応じて謝罪した。若手行司は処罰を求める意向はないという。

 立行司は行司の最高位。上位の木村庄之助が不在のため、現在、伊之助が行司のトップを務める。八角理事長(元横綱・北勝海)は「情けない。以前から飲酒時の言動については注意を促していた」と語った。【飯山太郎】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明
  2. 座間事件 容疑者と半年間同居 女性、優しい言葉信じ
  3. 下町ボブスレー “五輪出場”の夢がピンチに
  4. 社説 平昌五輪開会式と首相 むしろ出席した方がいい
  5. 北上製紙 7月末に全事業停止へ 解散・清算を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]