特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

自転車王国目指して

2020東京五輪へ/6止 自転車保険 「自分も相手も守る」 /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自転車人気の高まりとともに、近年注目され始めているのが「自転車保険」だ。強制加入ではないため、高額な賠償金の支払いを求める判決も出ている。県内でも同様のケースに発展する可能性がないとは言えず、県交通安全協会は「自転車も軽車両。自分も相手も守るため加入を」と呼びかけている。

 県警交通企画課によると、2016年に発生した自転車が絡む事故は504件。10年前(06年、675件)と比べると事故件数は減っているが、事故全体に占める割合は11・6%と2・1ポイント増加している。17年も10月末現在の事故件数は429件で、全体の12・9%を占め、16年の同時期に比べ増えている。

 「以前より自転車側の過失で事故を起こした場合に問われる責任は大きくなっている」。こう話すのは県交通安全協会総務部の渡辺雅彦次長だ。渡辺次長によると、死傷者が出た場合、重過失致死傷罪(5年以下の懲役または禁錮か100万円以下の罰金)に問われることが多い。中学生が同容疑で送検された事例もあった。

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1508文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集