メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰温泉紀行

/4 松江しんじ湖 縁結びをプラスして 好立地、観光資源生かし魅力アップ /鳥取

温泉街や地域の活性化に向けて思いを語る松江しんじ湖温泉旅館協議会の植田祐市会長=松江市西茶町の松江ニューアーバンホテルで、長宗拓弥撮影

 城下町の風情に夕日やシジミ漁などの宍道湖の情景--。松江しんじ湖温泉は、松江市中心部に位置し、抜群のアクセスを誇る温泉街だ。1971年にボーリングに成功し、翌年に施設への配湯を開始した。2001年に改称するまで、温泉の名称は「松江温泉」。足湯や、100リットルを100円で販売する温泉スタンド、シャワーから温泉が出るホテルがあるなど利用客や市民をもてなしている。

 「旅行イコール温泉イコール旅館という旅の構図は失われている。だからこそ、近隣が一体となり、利用者に…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1154文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです