メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統合失調症

新薬研究 島根大とベンチャー共同で /島根

共同研究講座を設置した服部泰直・島根大学長(左)と小林宣文・RESVO代表取締役=島根県出雲市の島根大医学部で、山田英之撮影

 島根大学は免疫障害による統合失調症の治療法を開発するため、薬の研究開発を手がけるベンチャー企業「RESVO(レスボ)」(東京都大田区)との共同研究講座を医学部に設けた。講座の開設期間は3年。新たな治療薬の開発を目指す。【山田英之】

 島根大は民間の研究開発力を大学の研究に生かすため、共同研究講座を設置しており、今回が2例目。レスボは2015年に設立し、検査薬の研究開発や実験補助、特許管理などの事業を展開している。基礎研究費約3000万円を…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです