メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

セクハラ告発、変わる対応 ゲーリー・パウエル 米コネティカット大学教授(経営学)

コネティカット大学のゲーリー・パウエル教授=提供写真

 ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏に関するセクハラ報道をきっかけに、この問題は転機を迎えている。被害の告発に対し、企業幹部の辞任や著名ジャーナリストの番組降板など、素早い対応がとられる変化が起きている。

 ワインスタイン氏の問題は長年、公然の秘密とされてきた。彼は映画会社の創業者で、業界にも影響力を持つ権力者だった。もし、セクハラを受けた人や知った人が声を上げれば、その後のキャリアをつぶされる恐れがあった。

 それを変えるきっかけになったのは勇気ある報道や告発だ。ニューヨーク・タイムズ紙が最初に報じ、女優のグウィネス・パルトロウさんら有名人が同氏からの被害を告発したことで、多くの一般人が声を上げる勇気を持った。ハッシュタグ「#MeToo(私も)」を付けて同様の被害を告発するツイッター投稿が広がり、一人の男の問題ではないことを示した。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです