連載

けいざい・因数分解

記事に登場するさまざまな数字を読み解きます。

連載一覧

けいざい・因数分解

13% 女性管理職比率 際立つ遅れ、改革急務

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は「女性活躍」を成長戦略の柱の一つに掲げ、管理職など「指導的地位」に占める女性の割合を2020年までに30%に引き上げることを目指している。しかし、総務省「労働力調査」によると16年の女性管理職比率は13%で、10年余りでの上昇幅はわずか3ポイント。国際的にみても日本の女性登用は遅れが際立ち、改革は待ったなしだ。

 日本の就業者全体に占める女性の割合は43・5%と欧米並みだが、先進諸国の女性管理職比率3~4割に対し、日本は1割にとどまる。管理職が少ない理由の一つは、役員を除く女性雇用者約2445万人(16年)のうち過半数の56%がパートなどの非正規雇用だということ(男性は22%)。しかし、それ以上に大きな要因に、日本独特の「性別役割分業」と「長時間労働」の慣習が挙げられる。

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1552文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集