メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/155 第5章 1=高村薫 多田和博・挿画監修

 事件の参考人浅井忍が思いがけない動きを見せたことで、特命班の再捜査はとりあえず延命となったが、いまや新たに掘り返せる鉱脈が限られていることに変わりはなかった。現に、十二年前には捜査が及ばなかった上田朱美の素行や人間関係について、探せばそれなりにいろいろ出てくるものの、肝心の事件に結びつくような関係性は見いだせない。仮に生前の朱美が同棲(どうせい)相手に絵の具の話をしていなかったら事件との関連は絶対に浮かんでこなかったのと同じく、出てくるのはどれも、本来であれば誰にも掘り返されることなく忘れられ、埋もれていったはずの凡庸な不良少女の来歴に過ぎない。裏を返せば、事件は十五歳の朱美とそれほど密接に結びつかないところで突発的に起きた可能性が高いということであり、朱美の鑑捜査がつねに壁にぶち当たるのは必然でもあった。

 一方、『栂野節子の人生と生活』というパズルも、あらためて眺めてみれば実に小さく、ピースの数もごく少…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文952文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです