メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『ノーベル賞の舞台裏』=共同通信ロンドン支局取材班・編

 (ちくま新書・972円)

賞は国ではなく個人に与えられる

 この本は、共同通信ロンドン支局の特派員五人の三年に及ぶ努力の結果である。

 まず正攻法で迫る。選考過程は五〇年後に公開される。そこで、二〇一四年一月、公開された一九六三年の資料を調べるため、スウェーデン・アカデミーに向う。

 文学賞は、はじめ八〇人が選ばれ、さらに六人に絞られていた。その中に三島由紀夫がいる。ついで三人に。三島は入っていない。

 選考委員は『宴のあと』を英訳で読んでいる。八〇人の中には谷崎潤一郎と川端康成がおり、数年のちの六八…

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです