メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『資本主義と死の欲動-フロイトとケインズ』=G・ドスタレール、B・マリス著

 (藤原書店・3240円)

経済とはどのようなヒトの活動か

 ドスタレールはカナダ生まれの経済史家、ケインズの評伝で知られている。マリスは経済学者、ジャーナリストで、仏シャルリー・エブド紙編集室へのテロで殺害された。この二人がフロイトとケインズの思考の共通点に注目し、この著作が生まれた。書かれた時期はリーマン・ショックの翌年である。時代背景からすれば、資本主義やグローバリズムに対する疑念が強まり、生まれるべくして生まれた本ということになろうか。

 評者は経済に具体的には関心がない。それならなぜこの本を紹介するかというと、そもそも経済とは、根本的…

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1430文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです