メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

胃がん、緩和ケア勧められ=答える人・勝俣範之部長(日本医科大武蔵小杉病院・腫瘍内科)

 Q 胃がん、緩和ケア勧められ

 3年前、余命3カ月の胃がんと診断され、全摘しました。昨年5月に再発。抗がん剤治療をしていますが「効かなくなったら次は緩和ケア」と言われました。(岡山市、男性、76歳)

 A 積極的手段、延命も

 まず余命について説明します。医師の余命予測は不確かで3割くらいしか当たらないというデータがあります。多くの医師は「生存期間中央値」を余命と説明しています。中央値とはデータを小さい順に並べた時に中央に位置する値です。100人患者がいたとすれば、50番目に亡くなった患者の生存期間を指します。生存期間中央値が3カ月だったとしても、それは半分の患者が亡くなるまでの期間であり、余命と呼ぶのは間違いです。

 抗がん剤の効果には限界があり、長く続けると、効かなくなります。そうなると治療による副作用のために、生活の質(QOL)が低下してしまいます。主治医が「緩和ケア」を勧めたのは、日々の楽しみを犠牲にして副作用に耐えるより、QOLを大切にしようという思いなのではないでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 能力に差のない「人種」 今も残るゆがんだ先入観

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです