メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
縮む日本の先に

AIと生きる/7 900キロはさんで接客 バー店員「アヤ」会話学習

長崎県佐世保市の「変なバー」で接客する「アヤ」を操る女性=東京都内で2017年12月、宮間俊樹撮影

 師走の夜、紫のランプがともる長崎県佐世保市の「変なバー」。男性客がカクテルを飲みながらタブレット画面に向かって「また、そのかわいい声を聞きたいな」と語りかけた。画面の中で若い女性をイメージした3Dキャラクターの「アヤ」がほほ笑んだ。「うれしい。また呼んでくださいね」

 店がオープンしたのは昨年11月。大型リゾート施設「ハウステンボス」の直営で、約250体のロボットが働くことで知られる「変なホテル」の1階にある。席に備え付けられたタブレットを通して注文し、クレジットカードで決済を終えるとサーバーから飲み物が注がれる「世界初」の無人バーだ。

 店から900キロ以上離れた東京都内のビルの一室。ここからアヤを操作している女性がいる。タブレットの…

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1501文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです