メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外武漢からの政府チャーター機が羽田に到着
星野仙一さん死去

被災地に注いだ愛情 胴上げ、笑顔届ける

2013年の日本シリーズで巨人を破り、田中(右)とがっちりと握手する楽天の星野監督=クリネックススタジアム宮城で、小川昌宏撮影

 選手やファンに愛情を注ぎ続けた。4日、楽天の球団副会長・星野仙一さんが膵臓(すいぞう)がんのため、70歳で亡くなった。2013年にエースとして球団初の日本一に貢献した田中将大投手(29)=現米大リーグ・ヤンキース=にとって、いつ、どんな時も周囲に気を配る星野さんは「父親」のような存在で「星野監督を胴上げできたことは野球人生の大切な思い出。感謝の気持ちでいっぱい」と突然の訃報に無念さをにじませた。【中村有花】

 星野さんは11年3月の東日本大震災の時も選手を守り続けた。震災発生時、楽天は兵庫県内でロッテとのオ…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. 質問なるほドリ 中国で見つかったコロナウイルスって? 深刻な呼吸器症状も 日本国内は患者未確認=回答・金秀蓮

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです