メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

星野仙一さん死去

被災地に注いだ愛情 胴上げ、笑顔届ける

2013年の日本シリーズで巨人を破り、田中(右)とがっちりと握手する楽天の星野監督=クリネックススタジアム宮城で、小川昌宏撮影

 選手やファンに愛情を注ぎ続けた。4日、楽天の球団副会長・星野仙一さんが膵臓(すいぞう)がんのため、70歳で亡くなった。2013年にエースとして球団初の日本一に貢献した田中将大投手(29)=現米大リーグ・ヤンキース=にとって、いつ、どんな時も周囲に気を配る星野さんは「父親」のような存在で「星野監督を胴上げできたことは野球人生の大切な思い出。感謝の気持ちでいっぱい」と突然の訃報に無念さをにじませた。【中村有花】

 星野さんは11年3月の東日本大震災の時も選手を守り続けた。震災発生時、楽天は兵庫県内でロッテとのオ…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです