メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都

18年度予算案にシッター代補助 待機児対策

 東京都は新年度、新たな待機児童対策として、ベビーシッターの利用料を補助する制度を設ける。今月末に発表する新年度予算案に約50億円を計上する。内閣府によると、都道府県によるベビーシッターの利用料への補助は珍しいという。

 補助の対象となるのは、1年間育休を取得した後に復職する保護者が、次の4月から認可保育所などへの入所を申請する場合。都によると、都内の待機児童の半数以上が1歳児で、1歳児からの入所は難しい状況にあり、子どもを0歳から保育所に入れようと育休を切り上げる保護者が多いという。

 また、2歳までの待機児童が入所決定するまでの間、保護者が働くために利用することもできる。予算案の知…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文731文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです