メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・清須

成人式で飲酒講座 検査パッチで体質判断

腕にアルコール体質試験パッチを貼る新成人ら=愛知県清須市春日公民館で。2018年1月6日、長倉正知撮影

 お酒は自分の適量を知ってから--。愛知県清須市で6日に開かれた成人式で、新成人を対象にした適正飲酒講座と、アルコールに対する体質を検査するパッチテストが行われた。同市に工場があるキリンビールが提案し、初めて実現した。

 清須市春日公民館で開かれた式には、市内の新成人約500人が参加。永田純夫市長の祝辞や新成人代表による誓いの言葉などがあった。

 続いて同社名古屋工場の山本武司総務広報担当(43)が、人によって異なる適量を知った上で飲む「適正飲酒」について話した。新成人には検査パッチが配られ、それぞれが腕の内側に貼った。かつての恩師らの祝辞などを聞きながら約20分待ち、パッチを外して色の変化でアルコール体質を判断した。山本さんは「日本人には4%の割合でアルコールを分解する酵素を持たない人がいます。こういう人は絶対に飲まないでください」と話…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. うずくまる息子、脇に立つ父「救急車、呼ばんでいい」 あの冬の日から3カ月…救えたはずの命

  4. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  5. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです