メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老鉄道

公有民営方式の新たな門出祝う 大垣駅で出発式

くす球を割って「養老線の新たな出発式」を祝う関係者たち=岐阜県大垣市の養老鉄道ホームで

 養老鉄道は6日、公有民営方式による運行継続を記念し「養老線の新たな出発式」を岐阜県の大垣駅で開いた。関係者約60人が出席、テープカットやくす玉割りで新たな門出を祝った。

 沿線7市町が出資する新法人「養老線管理機構」が線路などの施設を保有し、近鉄の100%子会社「養老鉄道」が運行する方式に1日、移行した。新たな事業形態で、慢性的な赤字運営による路線廃止の危機を脱した。

 出発式で、養老線地域公共交通再生協議会長の小川敏・大垣市長は「ゴールではなく新たなスタート。これを機に地域に愛され、育まれるようにしていきたい」と述べた。

 養老鉄道養老線は揖斐川町と三重県桑名市を結ぶ延長57.5キロの路線。昨年12月に国土交通省から認定された同機構の事業計画には、駅名のネーミングライツ(命名権)や枕木オーナー制度の導入、訪日外国人観光客の誘致などが盛り込まれている。【渡辺隆文】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レジオネラ菌 3人感染、1人が死亡 加湿器から広がる 国東の施設 /大分
  2. 米人気歌手 トム・ペティさん、死因は薬物過剰摂取
  3. 殺人未遂 女子高校生ナイフで刺す、中学生逮捕 鹿児島
  4. 福井の男児遺体 12月から不明の田中蓮ちゃんと確認
  5. 記者の目 仙台の父親刺殺、懲役11年判決 深刻な面前DV、調査急げ=坂根真理(生活報道部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]