メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バッティングセンター

球速240キロ 全国からファン

240キロを打ちに集まった常連客と末松さん(中央)=北九州市で取違剛撮影

 福岡県内から数々の「世界一」が生み出されている。「ふくおか」発の一番を紹介する。

北九州市 三萩野バッティングセンター

 「来た」と思う間もなく衝撃音が響いた。「ドゴーン!」。バットを振るどころか思わず跳びのく。ボールを受ける樹脂製の板は、何重にも掛けた網がストライクゾーンの辺りだけすり切れていた。

 世界最速240キロのボールを打てる北九州市小倉北区の三萩野バッティングセンター。この化け物ボールは末松一英代表(50)のサービス精神のたまものだ。「お客さんたちが『まだスピード出んか』と期待してくれるものだから、引くに引けなかったんですよ」

 38年前に開業した父が病気になったため、27歳で継いだ。県立戸畑高校を卒業して北京や米国を渡り歩き…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文795文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです