メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核兵器廃絶

被爆者の声、今こそ全国へ ネットで資金募る

子どもたちに被爆体験を伝える三宅信雄さんと小谷孝子さん。小谷さんは腹話術で広島の被爆体験を語り継ぐ=2015年7月、ピースボート提供

 広島・長崎で原爆を体験した被爆者の証言を伝えるための資金を、NGOのピースボート(東京都新宿区)がインターネットを通じたクラウドファンディング(CF)で募っている。スタッフで呼びかけ人の畠山澄子さんは「私たちは直接本人から思いを聞ける最後の世代。全国へ被爆者の声を届けるため応援してほしい」と訴える。31日までに100万円を集めるのが目標で、現在83万円(7日正午)に達している。

 畠山さんは2008年から計11回、被爆者が船で世界を旅する中で証言を伝える「ヒバクシャ地球一周 証…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文865文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです