米軍ヘリ不時着

「被害なしは偶然」住宅まで130m

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
伊計島東側の砂浜に不時着した米軍のUH1ヘリコプター=沖縄県うるま市で2018年1月6日、住民提供
伊計島東側の砂浜に不時着した米軍のUH1ヘリコプター=沖縄県うるま市で2018年1月6日、住民提供

 また沖縄で米軍機が住民に不安の影を落とした。6日午後に米軍ヘリが砂浜に不時着した沖縄県うるま市の伊計島(いけいじま)。一番近い住宅までは約130メートルに迫っていた。島では1年前にも米軍ヘリが不時着している。のどかな島に響いた爆音に、住民からは「またか」「もうやめて」と悲痛な訴えが聞こえた。

 現場近くに住む男性会社員(25)は午後4時ごろに、ヘリが低い高度で飛行していることに気づいた。慌てて見に行くと、自宅の目と鼻の先にヘリが不時着していた。島では昨年1月にも米軍ヘリが不時着したばかりだ。「前…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

あわせて読みたい

ニュース特集