メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メタボ追跡指導

医療費節約に効果 減量促し2割安く

追跡指導有無別の1人当たり医療費の推移

 40歳以上向けの「メタボ健診」を受診し、糖尿病など生活習慣病のリスクが高いと判定された人のうち、3カ月以上の追跡指導を受けた人は、受けなかった人に比べ、医療費が2割安いことが、全国健康保険協会(協会けんぽ、加入者約3700万人)の約26万人の調査で判明した。最大の保険者である協会けんぽで追跡指導の効果が明らかになったが実施率は2割以下で、医療費適正化のため指導強化が求められる。

 「協会けんぽ」は主に中小企業の勤め人が加入する日本最大の保険者。今回の調査は飯地智紀・研究室主任らが行った。2012年度のメタボ健診(生活習慣病予防健診)で、血糖値や血圧などの値が悪く、指導(特定保健指導)の対象とされた40~71歳の男性約26万人のうち、電話やメールで3カ月以上の追跡指導(積極的支援)を受けた人と、全く受けなかった人を比べた。がんを除く糖尿病、脂質異常症、高血圧関連の入院以外の1人当たり医療費や、体重の減り方を比較した。

 追跡指導を受けた群の体重の減り方は受けていない群に比べて3倍程度大きかった。次に1人当たり医療費の年齢調整後の平均値は、13年度で指導群が未指導群より26%(3501円)少なかった。14年度も20.1%(4027円)、15年度も15.3%(3975円)少なかった。飯地主任は「指導を契機に自助努力し体重を減らした結果、医療費が抑えられた」と分析する。

 厚生労働省によると、追跡指導を含めた特定保健指導の実施率は15年度で17.5%に過ぎず、指導対象の大半が無視しているのが現状だ。メタボ健診自体の実施率も15年度で50.1%と低く、医療費の適正化のためには受診率の向上が求められる。【斎藤義彦】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 「首相と関係、一切ない」沈黙破った理事長
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]