メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 帰還迷う住民、依然多く 富岡・葛尾意向調査、復興庁公表 /福島

 復興庁は、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が大半で解除された富岡町と葛尾村の住民意向調査の結果を公表した。帰還については「まだ判断がつかない」との回答が両町村とも約2割を占め、古里に戻るか、避難先に移住するかを決めかねている住民が依然として多かった。

 意向調査は避難指示の出た市町村を対象に2012年度に始まった。各役場が希望した場合のみ調査を実施し、質問の詳細も市町村ごとに異なる。今年度は富岡、葛尾、楢葉、双葉、浪江の5町村が調査を終えた。

 昨春、大半で避難指示が解除された富岡町の調査は昨年8~9月に実施し、町民3203世帯(回答率46%…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文739文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  4. 大西議員発言 名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴
  5. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]