特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

山梨・市川三郷 大塚にんじん 栄養価高く味が濃厚 1メートル前後、驚きの長さ /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大塚にんじんを収穫する長田一夫さん=山梨県市川三郷町大塚で
大塚にんじんを収穫する長田一夫さん=山梨県市川三郷町大塚で

 山梨県市川三郷町の大塚地区で収穫される「大塚にんじん」が旬を迎えている。一般的なニンジンより栄養価が高く味も濃厚で、地元で長年愛されてきた。目を引くのが1メートル前後に達する細長い形。火山灰の堆積(たいせき)による軟らかい土壌が育んだ。一時は生産の危機を迎えたが、今では町おこしの一翼を担う。生産者の長田一夫さん(66)を訪ねた。【滝川大貴】

 畑に着くと、長田さんは長さ約1メートルの鉄の棒を取り出し、土に突き刺した。それほど力を込めたように見えなかったが、70センチほど埋まった。「土が軟らかいと、ニンジンが限界まで育ってくれる」。長田さんはこう言うと、勢いよく引っこ抜いた。長さ96センチ、直径は最も太い部分で4~5センチ。真っすぐ伸びた1本は、この日一番の出来だった。

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1335文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集