メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

産直・この逸品 静岡から 素朴な味わい /東京

 韮山反射炉(静岡県伊豆の国市)の築造を指揮した江川英龍(坦庵公)は、日本人が食べるパンを作った「パン祖」としても知られる。「伊豆倶楽部」(同市奈古谷)は、旧韮山町の町民有志らと共に坦庵公が1842年に兵糧として初めて焼いたパンを再現し、「パン祖のパン」として販売している。

 全粒粉を米こうじで発酵させ、塩で味付け…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです