メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂

アレルギーでも外食楽しく 除去食提供 守山で開催 専門家グループ・スマイルシード「取り組み全国に」 /滋賀

15種のアレルギー食材を除いたメニューを楽しむ参加者ら=滋賀県守山市下之郷3の市社会福祉協議会調理室で、衛藤達生撮影

 専門家グループによる食物アレルギー対応の子ども食堂が6日、守山市の市社会福祉協議会調理室で開かれ、県立小児保健医療センターの患者17人やその家族ら計39人が参加した。「子ども食堂スマイルシード」が主催し、メンバーで同センター小児科医師の楠隆さん(59)は「アレルギー対応の食事を提供する子ども食堂を、アレルギー医療の専門家が開くのは全国でも初めてではないか」と話している。【衛藤達生】

 アレルギーのためアレルゲン除去食を強いられる子どもやその家族は外食などが難しく、孤立しがちという。こうした家族のネットワークの大切さを感じていた同センター看護師の笹畑美佐子さんが昨年10月、子ども食堂に関する講演を聞いて「これだ」とひらめいたという。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです