メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂

アレルギーでも外食楽しく 除去食提供 守山で開催 専門家グループ・スマイルシード「取り組み全国に」 /滋賀

15種のアレルギー食材を除いたメニューを楽しむ参加者ら=滋賀県守山市下之郷3の市社会福祉協議会調理室で、衛藤達生撮影

 専門家グループによる食物アレルギー対応の子ども食堂が6日、守山市の市社会福祉協議会調理室で開かれ、県立小児保健医療センターの患者17人やその家族ら計39人が参加した。「子ども食堂スマイルシード」が主催し、メンバーで同センター小児科医師の楠隆さん(59)は「アレルギー対応の食事を提供する子ども食堂を、アレルギー医療の専門家が開くのは全国でも初めてではないか」と話している。【衛藤達生】

 アレルギーのためアレルゲン除去食を強いられる子どもやその家族は外食などが難しく、孤立しがちという。…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
  4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです