メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂

アレルギーでも外食楽しく 除去食提供 守山で開催 専門家グループ・スマイルシード「取り組み全国に」 /滋賀

15種のアレルギー食材を除いたメニューを楽しむ参加者ら=滋賀県守山市下之郷3の市社会福祉協議会調理室で、衛藤達生撮影

 専門家グループによる食物アレルギー対応の子ども食堂が6日、守山市の市社会福祉協議会調理室で開かれ、県立小児保健医療センターの患者17人やその家族ら計39人が参加した。「子ども食堂スマイルシード」が主催し、メンバーで同センター小児科医師の楠隆さん(59)は「アレルギー対応の食事を提供する子ども食堂を、アレルギー医療の専門家が開くのは全国でも初めてではないか」と話している。【衛藤達生】

 アレルギーのためアレルゲン除去食を強いられる子どもやその家族は外食などが難しく、孤立しがちという。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです