メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島にコイして

/5 平和や社会問題語らうカフェ 安彦恵里香さん /広島

「Social Book Cafeハチドリ舎」を開いた安彦恵里香さん=広島市中区土橋町2で、小山美砂撮影

「被爆」思い共有する場に

 原爆ドームのほど近くで昨年7月末にオープンしたカフェ「Social Book Cafeハチドリ舎」。被爆証言を聞くなど平和や社会問題について考え、思いを共有できる場所として連日、国内外から客が訪れる。11年前に広島に移り住み、カフェを経営する安彦恵里香さん(39)は「世界中から人が訪れる広島で、人がつながり、平和への新たな動きがうまれる拠点になれば」と願う。

 「被爆に苦しむのは、自分たちで最後であってほしい。その願いからお話をします」。昨年12月26日、参加者は小さなテーブルを囲んで、被爆者の真木淳治さん(87)の証言に聴き入っていた。広島原爆の日に合わせ、毎月「6」がつく日に行っている被爆証言を聞く催しだ。輪から少し離れたところでその様子を見つめる安彦さんは「被爆者と呼ばれる人たちを身近に感じ、友人になってほしい。原爆投下が現実に起きたことだと実感…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです