メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過剰繁殖と殺処分を防ごう 不妊去勢手術やマイクロチップ装着、費用の一部助成 福岡市など募集中、20日締め切り /福岡

 福岡市と市獣医師会は飼い猫の不妊去勢手術費と、飼い主情報を登録したマイクロチップの皮下装着費の一部を助成しており、希望者を募っている。

 2016年度に市で殺処分されたのは犬の13匹に対し、猫は293匹と大きく上回っている。このため猫の過剰繁殖を防ぐ不妊去勢手術と、迷い猫になった際に飼い主を特定でき…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです