山梨の国有地

日本航空学園に格安売却 評価の8分の1 財務省

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本航空高校山梨キャンパスと旧国有地のイメージ図
日本航空高校山梨キャンパスと旧国有地のイメージ図

 山梨県内の国有地を地元の学校法人が約50年無断で使い続け、管理する財務省関東財務局が把握しながら放置した末、2016年5月に評価額の8分の1で売却していたことが明らかになった。国は学校法人「森友学園」への国有地売却問題を機に国有財産の処分の適正化に着手したが、ずさんな管理と不透明な取引の実態が改めて浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1049文字)

あわせて読みたい

注目の特集