メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 変わる町、変わらぬ絆 浪江で7年ぶり地元成人式

7年ぶりに浪江町内で開催された成人式で、同級生との久々の再会を喜ぶ新成人たち=福島県浪江町で2018年1月7日午後1時34分、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年3月末に一部で解除された福島県浪江町で7日、事故後初となる地元開催の成人式があった。新成人183人のほとんどが町外で暮らすものの、県内外から約110人が参加し、事故後、離れ離れになった同級生との再会を喜んだ=写真・喜屋武真之介撮影。

 昨年までは役場機能を置いていた同県二本松市で開催していた。今回は7年ぶりに地元で開いたが、町内の居住率は2%強にとどまり、多くの町民が避難を続ける福島市、郡山市などから送迎バスが運行された。

 式典では、埼玉県内に暮らす大学2年の山本幸輝さん(19)が新成人を代表し「町の姿は7年で大きく変わ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです