メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 変わる町、変わらぬ絆 浪江で7年ぶり地元成人式

7年ぶりに浪江町内で開催された成人式で、同級生との久々の再会を喜ぶ新成人たち=福島県浪江町で2018年1月7日午後1時34分、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年3月末に一部で解除された福島県浪江町で7日、事故後初となる地元開催の成人式があった。新成人183人のほとんどが町外で暮らすものの、県内外から約110人が参加し、事故後、離れ離れになった同級生との再会を喜んだ=写真・喜屋武真之介撮影。

 昨年までは役場機能を置いていた同県二本松市で開催していた。今回は7年ぶりに地元で開いたが、町内の居住率は2%強にとどまり、多くの町民が避難を続ける福島市、郡山市などから送迎バスが運行された。

 式典では、埼玉県内に暮らす大学2年の山本幸輝さん(19)が新成人を代表し「町の姿は7年で大きく変わ…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです