台湾

「天才閣僚」注目 国連会議、ロボット出席発案 IT専門家、20代で性別変更

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
唐鳳氏=台湾行政院提供
唐鳳氏=台湾行政院提供

 【台北・福岡静哉】台湾行政院(内閣)で無任所閣僚の政務委員(デジタル担当)を務める唐鳳(とうほう)氏(36)が注目を集めている。男性から女性に性別変更した情報技術(IT)専門家で、昨年12月には国連会議でロボットによる「遠隔出席」を発案。「天才閣僚」への地元の期待は高い。

 行政院関係者によると、唐氏は小学生でコンピューターのプログラムを作り、高校に進学せず10代で起業。プログラミングで世界…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集