メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第1部 きょうのごはんは?/8止 生活変える調理家電

(1)肉や野菜、調味料、水などの材料を用意

 ●離乳食を10分で

 調理家電の進化がライフスタイルの変化を支える。

 1歳の男児を育てながら、家事をこなす東京都内の会社員、武田安奈さん(36)は退社後、保育園で子どもを引き取り、午後6時に帰宅。すぐに冷凍しておいた離乳食を電子レンジで温め、子どもに食べさせる。調理時間は10分程度。離乳食のごはんや野菜ペーストは休日に大量に作り置きし、小分け容器で冷凍しておく。

 夜のご飯は作り置きを利用したり、スチーム容器に野菜を入れて電子レンジで蒸し野菜を作ったりする。台所の掃除はロボット掃除機にまかせ、帰宅したらきれいになっている。朝の離乳食と食器洗いは夫の担当。といっても、食器洗いは出勤前に食洗機のボタンを押すだけだ。武田さんは「育児に時間と労力がかかるので、料理などはできるだけ調理家電を活用している」といまや調理家電なしに家事は不可能だと話す。

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです