メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/156 第5章 2=高村薫 多田和博・挿画監修

 朱美さんが事件現場にいたかもしれない、ということの意味はお分かりですか?

 刑事たちは重ねて尋ねてみたが、真弓は鈍く首を横に振る。

 朱美ちゃんが祖母を殺した--?

 殺したかどうかは分かりませんが、お祖母(ばあ)さんが殺された野川の現場にはいたかもしれない。そう推定する状況があるのです。

 そんな話--。

 真弓の喉は嗄(かす)れ、続く言葉はない。そこへ刑事たちはさらに畳みかけて言う。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文905文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  3. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 将棋 「楽しそうに勉強」藤井七段に驚き 師匠・杉本七段

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]