メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/156 第5章 2=高村薫 多田和博・挿画監修

 朱美さんが事件現場にいたかもしれない、ということの意味はお分かりですか?

 刑事たちは重ねて尋ねてみたが、真弓は鈍く首を横に振る。

 朱美ちゃんが祖母を殺した--?

 殺したかどうかは分かりませんが、お祖母(ばあ)さんが殺された野川の現場にはいたかもしれない。そう推定する状況があるのです。

 そんな話--。

 真弓の喉は嗄(かす)れ、続く言葉はない。そこへ刑事たちはさらに畳みかけて言う。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文905文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです