メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 渡辺明棋王-豊島将之八段 第37局の1

敗者のつらさ

 将棋界は羽生善治と藤井聡太と、番外でひふみんの活躍で大いに盛り上がっている。羽生は竜王を奪取し、永世竜王の称号を獲得。同時に永世7冠を達成、この偉業が認められ国民栄誉賞の授与が決まった。

 藤井は相変わらず勝ちまくっている。この日12月15日も大広間「雲鶴」の間で対局があり、多くの報道陣が詰めかけ、その一戦はインターネットで生中継された。間違いなく大広間の主役は15歳の中学生だった。

 渡辺明棋王-豊島将之八段戦は反対側の「高雄」で行われた。竜王失冠後、初の公式戦。渡辺は自身のブログで「肩にカメラが乗るというのはああいう感じなんですね。勝負の世界なのでそれも仕方がないです」と、敗者のつらさをつづっている。また藤井と同部屋での対局は初めてだったそうで、遠目でスーパー中学生の様子を眺めていた。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです