メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・MyWay

わたしの生き方 変な部分を愛して 作家・村田沙耶香さん

=東京都文京区で、根岸基弘撮影

 兄と両親の4人家族でした。兄が母にお菓子をねだって「うちは貧乏なんだから」と叱られているのを見て、お菓子を買ってもらう時は、良心の呵責(かしゃく)を感じました。

 幼稚園の運動会に向けた練習で、先生が「大玉は大事に扱って!」と男子を叱りました。それを見た私は本番で、ものすごくそっと大玉を運んでしまい、運動会が中断したことを覚えています。大人の言うことを真に受ける子どもでしたね。

 小学生の頃は、自作の小説や漫画を友達と交換していました。書いた小説が活字になることに憧れがあって、…

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです