メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/8 婚活サイトで相性算出 スマホ検索、意外な出会い

AIの機能を利用して知り合い、結婚した仁田坂淳史さん(左)、裕梨さん夫妻。近所なら1台のキックスケーターに2人乗りで出かけるほど仲むつまじい=東京都渋谷区で2017年12月、小川昌宏撮影

 

 希望の条件を打ち込んで検索すると、スマートフォンの画面に、何人かの男性の写真が並んだ。その一人を見た時、裕梨さん(31)は「タイプの顔ではないな」と思った。でも、相性度は92%と極めて高い。「俳優なら小泉孝太郎さん」という好みはとりあえず忘れて「いいね!」を送ってみた。これが1年後に結婚することになる仁田坂(にたさか)淳史さん(31)とのなれ初めになった。

 少子高齢化の要因の一つに未婚率の上昇がある。2015年の調査で、内閣府が未婚者に結婚しない理由を三…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1537文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]