メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/8 婚活サイトで相性算出 スマホ検索、意外な出会い

AIの機能を利用して知り合い、結婚した仁田坂淳史さん(左)、裕梨さん夫妻。近所なら1台のキックスケーターに2人乗りで出かけるほど仲むつまじい=東京都渋谷区で2017年12月、小川昌宏撮影

 

 希望の条件を打ち込んで検索すると、スマートフォンの画面に、何人かの男性の写真が並んだ。その一人を見た時、裕梨さん(31)は「タイプの顔ではないな」と思った。でも、相性度は92%と極めて高い。「俳優なら小泉孝太郎さん」という好みはとりあえず忘れて「いいね!」を送ってみた。これが1年後に結婚することになる仁田坂(にたさか)淳史さん(31)とのなれ初めになった。

 少子高齢化の要因の一つに未婚率の上昇がある。2015年の調査で、内閣府が未婚者に結婚しない理由を三…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1537文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです