メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
縮む日本の先に

AIと生きる/8 婚活サイトで相性算出 スマホ検索、意外な出会い

AIの機能を利用して知り合い、結婚した仁田坂淳史さん(左)、裕梨さん夫妻。近所なら1台のキックスケーターに2人乗りで出かけるほど仲むつまじい=東京都渋谷区で2017年12月、小川昌宏撮影

 

 希望の条件を打ち込んで検索すると、スマートフォンの画面に、何人かの男性の写真が並んだ。その一人を見た時、裕梨さん(31)は「タイプの顔ではないな」と思った。でも、相性度は92%と極めて高い。「俳優なら小泉孝太郎さん」という好みはとりあえず忘れて「いいね!」を送ってみた。これが1年後に結婚することになる仁田坂(にたさか)淳史さん(31)とのなれ初めになった。

 少子高齢化の要因の一つに未婚率の上昇がある。2015年の調査で、内閣府が未婚者に結婚しない理由を三…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1537文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです