メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外山口・周防大島の不明2歳児見つかる
王将戦

挑戦者の豊島が先勝 会心の寄せ

王将戦七番勝負第1局を制した豊島将之八段

 7日から静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われた第67期王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)は8日午後1時57分、挑戦者の豊島将之八段(27)が久保利明王将(42)に88手で勝ち、初の王将位に向けて先勝した。残り時間は久保30分、豊島4時間22分。第2局は27、28日、佐賀県上峰町の大幸園で行われる。

 7期ぶり2回目の王将戦七番勝負登場となった豊島。前回は一度もリードを奪えなかったが、今期は快勝で開幕局を飾った。

 2期連続4期目の獲得を目指す久保の振り飛車は予想されたが、豊島は相振り飛車の作戦を選んだ。豊島は強気の銀交換から2筋を攻略して終盤戦に突入し、控室では1日目から豊島優勢の声が上がった。

 2日目に入り、封じ手の2九歩成(56手目)を立会の郷田真隆九段が開封して対局が再開。寄せの構想がまとまったのか、豊島の指し手が速い。久保は時間を使って逆転を目指すが、豊島の寄せは正確で、早い時間帯に投了に追い込まれた。

 両者は名人挑戦権を争う名人戦A級順位戦でも5勝2敗で首位に並んでいる。王将戦第2局までの間、豊島は好調を維持したいところ。完敗だった久保は新たな気持ちで臨む。【山村英樹】

考えていた展開に

 豊島八段の話 序盤は深く研究していたわけではないが、考えていた展開になった。変化するところがあまりなかったので早指しになったと思う。

踏み込みすぎた感じ

 久保王将の話 中盤は変化が多く、攻めるか守るかなど考えることが多くて時間を使った。踏み込みすぎた感じがする。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  3. シェアハウス不正 スルガ銀、スター銀欺く 融資引き出す
  4. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  5. 水上特攻艇「震洋」 造った元船大工「国のため」信条曲げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです