メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アプリ

スキー場の雪崩捜索支援 スマホ位置情報を受信

「雪山Bot with LINE Beacon」の説明スライドから

 スキー場の雪崩で埋まった遭難者のスマートフォンの信号を受信する位置情報システム「雪山Bot with LINE Beacon」が開発された。IT企業のデザインエッグ(東大阪市)の佐田幸宏代表と、アナザーブレイン(長野県)の久田智之代表のチームが共同開発したもので、雪崩遭難者の捜索に役立ちそうだ。2017年12月16日にあったITコンテスト「Mashup Awards 2017 for Pro」の優秀賞に選ばれている。

 開発チームによると、当初はスキー場でよくある「皆どこにいるのかな?」を解決するシステムとして考案された。スキーは厚着で手袋をし、スマホの通知にも気づきにくいなど、スマホを触るのには適していない環境だ。そこで無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い、信号を発信する「LINE Beacon(ライン・ビーコン)」をリフト乗り場やレストランなどに置いて、近くを通ると自動的に友達とのLINEグループチャ…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文927文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです