関西電力

むつ市長「受け入れられない」 一時保管検討に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

「原発の使用済み核燃料、中間貯蔵施設に」で記者会見

 関西電力が福井県内の同社の原発から出た使用済み核燃料を青森県むつ市の中間貯蔵施設で一時保管する方針を検討しているとされる問題について、むつ市の宮下宗一郎市長は7日、記者会見した。

 宮下市長は国や関電、中間貯蔵施設の運営会社から「これまで一切聞いていない内容」と強…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

ニュース特集