メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会・収入激減

1000円単位で経費削減 収支報告書

暴力団対策法に基づく使用制限がかかり、組員の出入りがなくなった工藤会本部事務所=北九州市小倉北区神岳で

 「事務室の蛍光灯10本のうち7本を抜きました」。毎日新聞が入手した特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)の収支報告書など2016年作成とみられる内部資料からは、収入激減のためにわずかな経費も節約する工藤会の窮状が浮かび上がった。運営費の原資となる上納金の滞納額も膨らみ、経費削減対象は工藤会トップやナンバー2の関連経費にも及んでいる。

 内部資料では、経費削減策の例を10項目にわたり紹介。「今月から会館の掃除は入りません(10万200…

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1305文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです