メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

スピードスケート女子500 4年越し万感の初五輪 神谷衣理那

女子500メートルを滑り終え、小平(左)に声をかけられる神谷=長野市のエムウェーブで2017年12月27日、手塚耕一郎撮影

 昨年末のスピードスケートの平昌五輪代表選考会(長野市エムウェーブ)女子500メートルでは、3位で初の五輪切符をつかんだ神谷衣理那(高堂建設)のうれし涙があった。2014年ソチ五輪も代表入り濃厚と見られながら、落選。休養を経てはい上がった26歳の神谷は「やっと五輪代表になれた」と万感込めて語る。【岩壁峻】

 勝負がかかった先月27日のレースは、すでに代表入りを決めていた小平奈緒(相沢病院)と同走。小平が37秒13の国内最高(日本選手による国内リンクでの最高)記録をマークし、神谷は38秒03。第一人者の滑りを目の当たりにし、「(自分の記録に)全然納得いっていない」と厳しかったが、代表枠「3」の中に踏みとどまったことに「やりきったかなと思う」とも振り返った。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです