連載

どうすれば安全安心

地震や医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代。安全安心のための記事をお届け。

連載一覧

どうすれば安全安心

首都直下、震度7 地下鉄「魔の水路」に パニックを避け、とにかく地上へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地下鉄に下りる階段は滝のように水が流れ込んだ=福岡市博多区博多駅中央街で19日午前5時45分、田中雅之撮影
地下鉄に下りる階段は滝のように水が流れ込んだ=福岡市博多区博多駅中央街で19日午前5時45分、田中雅之撮影

 もしも地下鉄の中で「震度7」の地震に遭ったら――。広大な海抜ゼロメートル地帯を抱える首都東京の地下空間に、網の目のように張り巡らされた地下鉄。巨大地震や津波、そして液状化現象に耐えられるのかを検証した。【小国綾子】

 東日本大震災では仙台空港アクセス線の地下トンネルが津波で水没した。津波が東京を襲うと地下鉄はどうなるのか。ヒントとなるのが、国の中央防災会議の2009年のシミュレーションだ。

 「200年に1度の大雨で荒川土手が東京都北区で決壊」と設定したところ、地下鉄の地上出入り口に高さ1メートルの止水板を設置しても、結果は「東京都市部の22路線130駅、総延長約200キロのうち、最大で17路線81駅、約121キロで改札階まで水没する」。海抜ゼロメートル地帯だけでなく、地表に水が到達しない霞ケ関駅や六本木駅も浸水することが分かった。地下の線路網が“水路”となって被害を拡大させるからだ…

この記事は有料記事です。

残り2181文字(全文2577文字)

あわせて読みたい

注目の特集