メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

「釜石の奇跡」に貢献、片田敏孝教授に聞いた「首都直下」

不安になるより動け

迫り来る「震度7」級の首都直下地震。不安を感じながらも「変わらぬ日常」を過ごし続ける大都市の人々は、この災いに立ち向かえるのか。東日本大震災で、津波からほとんどの子供たちが生き延びた「釜石の奇跡」に貢献した片田敏孝・群馬大工学部教授に、どう備えるかを聞いた。【藤田祐子】

「どう行動」に答えはない 地形、地盤、家族…条件はさまざま

「20年」区切りに次代育てる 国、行政待たず、自分で考え

 <災害社会工学を専門とする片田さんは、04年から岩手県釜石市の防災・危機管理アドバイザーとして、防災教育に取り組んだ。片田さんが唱える津波対策の柱は(1)想定にとらわれない(2)最善を尽くす(3)率先避難者になる――の「避難3原則」だ。東日本大震災では、市内の小中学14校の生徒約3000人が避難。生存率は99・8%に達し「釜石の奇跡」として語り継がれることになった。

 一方、マグニチュード(M)7級の首都直下地震は、東大地震研究所のチームが「4年以内に70%の発生率…

この記事は有料記事です。

残り2121文字(全文2557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです