連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

「ニュース女子」問題1年 謝罪せぬMX 「根拠なき情報」歯止めは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄問題を取り上げた2017年1月の放送の「ニュース女子」について抗議する人たち=東京都千代田区のTOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)本社前で2017年12月28日午後6時34分、根岸基弘撮影
沖縄問題を取り上げた2017年1月の放送の「ニュース女子」について抗議する人たち=東京都千代田区のTOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)本社前で2017年12月28日午後6時34分、根岸基弘撮影

 専門家からは「今後の放送界全体に関わる象徴的な事例」と危惧されている。放送から1年たった東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の番組「ニュース女子」の問題だ。沖縄県の米軍基地反対運動をからかうような内容が批判を浴び、昨年12月には、放送倫理・番組向上機構(BPO)から、番組の核心部分に十分な裏付けがなく「重大な放送倫理違反があった」と指摘された。果たしてMX1局の問題と考えていいのか。【井田純】

 「MXは謝罪と訂正をしてください。取材もせずにうそを放送するのは許されません」。BPOの放送倫理検証委員会が意見書を公表してから2週間後の昨年12月28日夜。冷たい風が吹き付ける中、東京都千代田区のMX本社前では約60人の市民が声を上げていた。1年近くにわたる抗議活動は、現在も月2回ペースで続けられている。

この記事は有料記事です。

残り2626文字(全文2987文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集