連載

毎日芸術賞の人々

すべての芸術分野を対象に、優れた成果に贈られる「毎日芸術賞」。受賞者の横顔を紹介する。

連載一覧

毎日芸術賞の人々

/2 仲川恭司さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆仲川恭司さん 美術3部門(書道) 仲川恭司書作展

象書への探求と挑戦

 「手島(右卿)先生がいただいた同じ賞を、私が受けられるとは……びっくりです」と満面の笑み。

 が、受賞対象となった書作展や近年の発表作いずれもが、師の作風をそのまま受け継いだふうはない。

 「書の芸術性を訴え続けてきました。1作ごとに変化し違いがでてくるものです。近年新しい発想が次々頭に浮かんできて、この調子なら、やってみようと挑んだ書展だったのです」

 受賞対象となった書展は大作ばかりの17点。一作一面貌。多彩な表現が話題となった。ジャコメッティの彫刻が脳裏を駆け巡った「圓通」▽旅行中に土砂降りの雨に遭い、虹を目撃した感銘による「虹霓(こうげい)」▽鶴の動きを起・承・転・結の表情をつけてびょうぶに描いた「鶴の四態」などユニークな発想を知的に鮮やかに再解釈した。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1160文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集