メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カヌー

鈴木選手、五輪争うライバルに薬物 飲料混入

 日本カヌー連盟は9日、カヌー・スプリント男子の鈴木康大(やすひろ)選手(32)が昨年9月に石川県小松市で開かれた日本選手権で2020年東京五輪出場を争うライバルの小松正治選手(25)の飲料に禁止薬物を混入していたことを明らかにした。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は規定違反(競技者に対する禁止薬物投与)で鈴木選手を8年間の資格停止処分とした。連盟は「極めて悪質」と鈴木選手を除名する方針。【小林悠太、松本晃】

 JADAなどによると、混入したのは筋肉増強効果のある禁止薬物「メタンジエノン」。鈴木選手はライバルがドーピング検査で陽性反応を示せば、五輪代表入りの可能性が高まるとして筋肉増強剤を自ら購入。日本選手権での選手が集まる場所で小松選手が飲料ボトルから離れたすきに混入させたという。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです