メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

決勝 大阪涙節(その1) 大阪桐蔭 夢は後輩に /大阪

閉会式を終え、握手を交わす東海大仰星(奥)と大阪桐蔭の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で、猪飼健史撮影

 東大阪市花園ラグビー場で8日あった第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)の決勝は、19大会ぶりの大阪勢同士の対戦だった。東海大仰星(大阪第2)が27-20で大阪桐蔭(大阪第1)を降し、2大会ぶり5回目の優勝を決めた。前半はリードを許す苦しい展開だったが、持ち前の展開力で逆転して栄光をつかんだ。最後まで力を出し切った両チームの選手たちに、スタンドからは温かい声援と拍手が送られた。【加藤佑輔、佐野格、芝村侑美、長宗拓弥】

 7点を追う後半終了間際。大阪桐蔭は連続攻撃でゴール前に迫ったが、相手のタックルを受けたSO高本幹也選手(2年)の手からボールがこぼれた。まもなくノーサイドの笛が鳴った。「フォワードが疲れていたのでバックスで取りたかった」と高本選手。だが創部初の決勝進出を果たしたフィフティーンにスタンドから「笑顔、笑顔、桐蔭」と大きな声援が届いた。

 試合を優位に進めた。前半5分、フランカー上山黎哉主将(3年)が先制トライ。母由佳さん(44)は「まだ安心できない。何本でもトライを」と温かく見守った。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです