メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

クマノザクラ、紀南に新種!? 森林総研の勝木さん講演 和歌山 /和歌山

クマノザクラの特徴について講演する勝木俊雄さん=和歌山市小松原の県民文化会館で、山本芳博撮影

 「県の人と自然をつなぐシンポジウム~学び生かそう自然の力」(県主催)が8日、和歌山市小松原通1の県民文化会館であり、森林総合研究所多摩森林科学園チーム長の勝木俊雄さんが古座川町などで確認した「クマノザクラ(仮称)」について、「100年ぶりの新種か?」と題して講演した。

 国内の野生の桜は9種あり、紀伊半島南部には「ヤマザクラ」「カスミザクラ」の2種が分布している。

 勝木さんは、古座川町で「ヤマザクラが2度咲く」とうわさになっていたことから調査に入り、「葉の形を見…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文632文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]