メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰温泉紀行

/6 大田 温泉津 薬師湯で地域に活力 外国人観光客増、温かくおもてなし /鳥取

温泉津温泉「薬師湯」=島根県大田市温泉津町温泉津で、関谷徳撮影

 世界遺産・石見銀山遺跡(島根県大田市)の構成資産の一つ、同市温泉津(ゆのつ)町温泉津の温泉津温泉「薬師湯」。町名に温泉が付いている通り、約1300年の歴史ある温泉町だ。温泉津の「津」は、港を意味するとされ、かつて、石見銀山からの銀を運び出した温泉のある港として、多くの労働者らが旅の疲れを癒やした「湯治湯」としても知られる。

 薬師湯は山陰で唯一、源泉や泉質、引き湯など6項目が、日本温泉協会の天然温泉の審査で全て最高評価を受…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文952文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  2. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 土砂崩れ、川の大部分せき止められ水田に水あふれ出る 山形・鶴岡 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです