メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰温泉紀行

/6 大田 温泉津 薬師湯で地域に活力 外国人観光客増、温かくおもてなし /鳥取

温泉津温泉「薬師湯」=島根県大田市温泉津町温泉津で、関谷徳撮影

 世界遺産・石見銀山遺跡(島根県大田市)の構成資産の一つ、同市温泉津(ゆのつ)町温泉津の温泉津温泉「薬師湯」。町名に温泉が付いている通り、約1300年の歴史ある温泉町だ。温泉津の「津」は、港を意味するとされ、かつて、石見銀山からの銀を運び出した温泉のある港として、多くの労働者らが旅の疲れを癒やした「湯治湯」としても知られる。

 薬師湯は山陰で唯一、源泉や泉質、引き湯など6項目が、日本温泉協会の天然温泉の審査で全て最高評価を受…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです