メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
発言

がん患者の心に寄り添う=稲垣麻由美・ノンフィクション作家

 5年生存率5%の進行性肺がんと診断されたある男性(56)の話だ。IT関連企業に勤める3児の父は「自分が死ねば住宅ローンは終わる。残していく家族は大丈夫だ」と死を覚悟したが、愛する人との別れをリアルに感じるようになると、泣くようになった。「死ぬのが怖くて泣いてしまうのです。そんな自分が情けない……」。胸の思いを打ち明けると、医師はこう答えた。「当然のお気持ちだと思います。怖がっても泣いてもよいのではありませんか。泣くと誰かが困りますか?」。予想外の言葉に男性ははっとした--。

 2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代だ。医療の目覚ましい進歩により、がんは死に直…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1268文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  5. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです