メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

暑さに強い品種へ コメ、果物 進む改良

 果物の色づき、コメの品質、害虫の生息範囲――。地球温暖化の影響は日本国内の農作物にも既に表れている。今後も温暖化が進めば、さらに深刻な事態になるといい、私たちの食卓にも影響が及ぶかもしれない。

 「高温にも強い新品種。非コシヒカリ系のトップブランドを目指す」。新潟県の泉田裕彦知事は9月、東京都内で開いたコメの新品種「新之助」の発表会で意気込んだ。新潟県が新品種の開発に乗り出した背景の一つが温暖化だ。

 コメは、稲穂が実るころ高温が続くと、白く濁るなど品質低下につながる。平均気温の上昇が3度を超えれば…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです