メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

冬の乾燥、肌にも影響 保湿剤などでケアを

 冬に向かうにつれて、空気も乾燥する。それに伴い肌がかさつくと、かゆみも生じやすい。乾燥肌で悩まないためにも、日ごろからのケアが欠かせない。

 「肌に最適な湿度は50~60%で、40%を下回ると肌の水分が蒸発して乾燥しやすくなる」。そう言うのは野村皮膚科医院(横浜市)の野村有子院長だ。

 気温が下がると、肌の新陳代謝が悪くなる。肌表面を覆ってバリアー機能を担う汗や皮脂の分泌が少なくなり、肌の水分の蒸発を防ぎきれなくなる。加齢に伴い乾燥肌になりやすいのは、分泌機能の衰えが原因の一つに挙げられる。肌が乾燥しやすい部位は、皮脂腺がないか少ない、すね▽腰回り▽腕▽太もも▽手のひら▽足の裏――という。

 野村院長の元には、10月中旬から、60代以上を中心に乾燥肌を訴える患者が訪れている。乾燥すると肌表…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです