メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

高まる住宅被災リスク 保険内容の確認を

 大型の台風や豪雨が増え、洪水や土砂災害で住宅や家財を失うリスクが高まっている。そんな時、暮らしに必要なお金や補償はどうなっているのか。

 風雨や高潮などで家屋や家財、車などが被害を受ければ、火災保険や共済で補償を受けることができる。内閣府によると、全世帯の8割程度がいずれかに加入。大型災害の増加とともに、被災者に支払われる保険金も増えている。8月に九州や沖縄で猛威をふるった台風15号で損害保険大手3グループが支払った火災・自動車保険の保険金は計約1000億円。2004年9月の台風18号の被害は全国規模に及び、保険金も3823億円に上った。

 ただ、保険に入っているからといって安心はできない。契約内容によっては保険金が支払われないケースがあ…

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです